• 毎日にワインを

    田端銀座商店街にワインショップがオープンします。

    晴れの日ではなく、普段(けの日)に飲むワインを提案したいから、qenohi(ケノヒ)と名付けました。

     
    2018年にオープンしました!

     

  • ワインショップ & テイスティング

    普段使いできる価格帯のワインを中心に取り揃えました。店内では、取り扱いワインをグラスで飲むこともできます。ワインに合うおつまみも用意しているので、ゆっくりとお気に入りの1本を選んでください。

  • スロベニア ワイン

    スロベニアのワイナリーからの直輸入です

    QUERCUS (クエルクス)

    Wines made with love

    四国程度の大きさのスロベニアは、日本ではあまり知られていませんが、ワインの生産 が盛んです。そのスロベニア で、イタリアとの国境近くに位置するブルダ。家族経営のぶどう生産者が1957年に設立した協同組合が元になっているワイナリーから直輸入のワインです。オーク(なら)の学名であるクエルクスという名前をつけられたワインは、100%手づみによる収穫で丁寧に作られています。全11種類、ぶどうの品種ごとの違いを是非お楽しみください。

    • レブラ
    • シャルドネ
    • ピノ・グリージョ
    • ピノ・ビアンコ
    • ソーヴィニョン・ヴェール
    • ロゼ(メルロー)
    • メルロー
    • カベルネ・ソーヴィニョン
    • ピノ・ノワール
    • スパークリング(レブラ/シャルドネ)
    • スパークリングロゼ(ピノ・ノワール)
  • ブログ

    ブログや最新情報の投稿を表示することができます。

    December 22, 2019
    旅も終盤に差し掛かり、ここまで大きなトラブルもなくやってこられました。ブルダ(Brda)からスロベニアの首都リュブリャナ(Ljubljana)へ向かいます。自動車の右側通行にも慣れてきた頃、罠にかかりました。。。スロベニアの高速道路には料金所がありません。昔は使われていたようですが、今は素通りです。「高速、無料かぁ」と感激して走っていましたが、そうではありませんでした。ブルダから少し走っていると検問があり、一部の車を止めていました。国際免許証も取ってきたし問題ないない、と思っていたら、見事に止められて身分証明書の提示を求められます。英語で話をするのですが、どうしてもある単語がわからない。...
    November 23, 2019 · スロベニア
    立ち寄ったスーパーでは壁からワインが出てきます。なんと素晴らしい。しかも安い。 というわけで、ようやく今回の旅の目的である、スロベニアのワイナリー訪問です。ケノヒで仕入れているクエルクスを作っているKlet Brdaは、イタリア国境に近いBrdaという地域にあるワイナリーです。もともとは、地域のぶどう農家の協同組合として1957年に設立されました。まずは資料コーナーから地域のぶどう作りの歴史について聞いたのち、貯蔵スペースに入っていきます。 左が通常のオーク樽(1バレル=ワイン300本ぶんくらい)。右は大樽。それぞれの特徴を活かして熟成します。あとはステンレスやコンクリートの樽も...
    November 23, 2019 · スロベニア
    ピランに別れを告げ、世界遺産シュコツィアン洞窟群へ向かいます。「カルスト」の語源となったという、スロベニアのクラス地方。イタリアまで続く石灰岩の地層により、特異な景観が形成されています。洞窟の中は撮影禁止のため、写真は取れませんでしたが、正直なめてました。すみません。距離感がつかめないほどの壮大な地下空間は、ジュール・ベルヌの「地底旅行」の世界です。 お昼にはローカルなレストランで食事。牛のカルパッチョと肉料理の盛り合わせを頼んだら、こちらもスケールが違いました。これで二人前とは。食べきれない...
    More Posts
  • ケノヒ のこの頃

    最新情報をチェック!

  • 営業日

  • アクセス

    JR駒込駅東口から徒歩6分。

    田端銀座商店街にあります。

    東京都北区田端3-7-5
    金・土・日
    13時から19時
    All Posts
    ×
    ×
    fsdfsdf